長野市の展示会が終わりました。

2014.09.29

長野市の展示会が終わりました。

IMG_0095

IMG_0067

 

長野市では初の展示会、秋の草木染めストール展が終わりました。

長野市新田町の朝陽館ギャラリー蔵は、とても落ち着いた雰囲気の良い空間でした。

お店の方々にもよくしていただきました。

 

そして何より有り難かったのは、長野市の友人や先輩方にとても助けていただき、お世話いただいたことです。

 

このギャラリーでやることになるきっかけを作ってくださり、

各マスコミに連絡をしてくださったり、当日もお気遣いいただいた

古布バッグ作家の荒井菊江さんとお嬢さんののぞみさん。

 

東御の家から長野市に毎日通うのはたいへんだからと、快く泊まらせてくれ美味しい食事をご馳走してくれた

原田和子さん。そしてとても居心地よくしてくださった和子さんのご家族。

和子さんの従妹の清恵さん、と、ご友人の皆さん。

 

わたしよりかなりの年下ですが、なぜか私たちおばさんのグループにひ引っ張り込み、

それでもいつも仲良くしていただいているライターの荻野さん。

あちらこちらにDM葉書をお配りくださって、展示会でのお気遣いもとてもうれしかったです。

 

長野市のはんどめいどプロジェクトiさんにも、DMをお願いし、メンバーの方が

展示会に来てくださいました。厚かましいお願いにもかかわらずとても嬉しかったです。

 

うちのタティングレースのアクセサリーを販売していただいている絵本と雑貨のお店、pieni silta。

展示会当日は大阪からご家族でお立ち寄りくださいました。

 

 

また小諸市の友人もお仕事でタイトなスケジュールの中、長野市まで来てくださって、

気遣いをいただき、いつもながらに嬉しいことでした。

 

HPで以前に糸をお買い上げいただいた神奈川県のお客様が、

はるばるお越しくださってお会いできたのも、長野市で展示会ができたお蔭といえます。

 

そしてそして、友人に聞いて、、新聞をみて、、と言って初めて展示会にお立ち寄りくださった

お客様に心よりお礼もうしあげます。

 

展示会は、私にとっては、してきたことの反省やこれからの課題を見つける、

自分の足りないことは何かに気付くチャンスでもあるのですが、

今回長野市というホームグランド以外でやってみて、

あらためて、人の大切さ、人の繋がりの大切さ、そんな当たり前の大切なことを、

再確認するとても良い機会になりました。

 

他人のために自分の時間を使うことを 躊躇しない。

そうありたいと強く感じた長野の4日間でした。

 

 

 

IMG_0112

 

 

 

 

 

 

信州八重原草木染めアトリエアイズカンパニー

主宰:いしいかづみ
長野県東御市八重原2158-8
TEL/FAX 0268-67-1015

季節の便りをお届けします。
アイズカンパニーNEWSを受け取りたい方は、メールアドレスをご入力いただき、登録ボタンをクリックしてください。

powered byメール配信CGI acmailer

お茶をしながら「編み物」しませんか?

購入をご希望の方へ