カミの空

2015.01.20

カミの空

IMG_0908IMG_0856IMG_0849
    
先週、八重山諸島の竹富島に行ってきた。
竹富島は石垣島から船で10分ほどの島。
人口350人、島を一周する外周道路は4キロもない、小さな島だ。
アスファルト道路はこの外周道路だけで、島の道はすべて珊瑚の砕けた細かい白い砂。
島が珊瑚が隆起してできた島だからだ。

宿泊したホテルの部屋にはTVもなく、どっぷり島生活をしてきた。

私が好きなことは、空を見ること。
八重原に住んで、よく空を見るようになった。
空には風が流れていて、刻々と景色が変わっていく。
快晴の時も、風は空の色を変えていく。

竹富島の空も素晴らしい色と風。
空を見ながら、あ~幸せ~っと思っていたら、
ホテルのライブラリーで山尾三省さんの本に出会った。
     
「それに出会えて心からよかった!と思えるもの、草であれ、樹木であれ、岩石であれ、海であれ、昆虫であれ、人であれ、
 僕はそれをカミと呼ぶ。
 ただ美しいとか、真実なるものとか、楽しいもの、善なるものと呼んでもよいが、カミと呼ぶとそれらは一層深まる。
 カミは神よりもっと以前のもの、神となる以前のもの、という感覚。」

私は思わず膝を打つ。
私にとって空はカミだ!

空を見るとどんな空であれ、心の奥底で蠢くものがあり、共鳴する。
幸福感に包まれる。

あ~出会えて良かった~と思える空はカミだ。

八重原の空もカミだ。

IMG_0816IMG_0834IMG_0965

信州八重原草木染めアトリエアイズカンパニー

主宰:いしいかづみ
長野県東御市八重原2158-8
TEL/FAX 0268-67-1015

季節の便りをお届けします。
アイズカンパニーNEWSを受け取りたい方は、メールアドレスをご入力いただき、登録ボタンをクリックしてください。

powered byメール配信CGI acmailer

お茶をしながら「編み物」しませんか?

購入をご希望の方へ