やっとの春

2014.03.31

やっとの春

かってない大雪の冬を経て、ストール展や次回の展示会の準備など、

ここのところ忙しくしていましたら、、、

庭の草花たちは、確実に春を迎えていました。

        

チューリップはグングン伸びていて、

大雪の下敷きになりもうだめかと思っていたクリスマスローズは、

控えめに、でも誇らしげに咲き始めていました。

         

毎年2月~3月は、桜の剪定された枝を染める時。

小さい蕾をいっぱいつけた枝を煮出すと、桜の甘い香りが

工房いっぱいに広がり、春が来るんだなあ、と嬉しくなります。

       

今年煮出した染液はとても色が濃く、紅が美しいです。

     

毎度のことですが、白い布や糸が自然の力をいただき、

自然の色をいただき、鮮やかに染まる瞬間に出会えるのは、

とても幸せな気分になります。

信州八重原草木染めアトリエアイズカンパニー

主宰:いしいかづみ
長野県東御市八重原2158-8
TEL/FAX 0268-67-1015

季節の便りをお届けします。
アイズカンパニーNEWSを受け取りたい方は、メールアドレスをご入力いただき、登録ボタンをクリックしてください。

powered byメール配信CGI acmailer

お茶をしながら「編み物」しませんか?

購入をご希望の方へ